しぶさわ矯正歯科

矯正治療

個に特化した歯科矯正医院

矯正治療と顎関節

噛合わせと顎関節症は密接に関連していますが、歯並びが原因で顎関節症を誘発するという明確な研究報告はいまだありません。従って歯並びと顎関節症を安易に関連付けて治療するのは危険です。 しかし現実には、噛み合わせが顎関節の状態に影響をおよぼしている可能性が高いと考えられる患者さんも存在します。まずは専門医によるしっかりとした検査と診断を行うことが必要です。治療方法は顎の痛み、顎のひっかかり、音などの症状と年齢、そして経過などによって様々です。渋澤矯正歯科では専門医が顎関節の診断をおこない、治療方針を決定いたします。

顎関節内障とは?

顎関節に器質的変化のある状態
(関節円板の転位および下顎頭骨変化)。
一般的に復位性円板転位では、開口時の関節雑音を伴い、非復位性円板転位では、開口障害を生じます。慢性化すると症状は様々です。

歯軸の重要性

歯軸とは、歯の長軸と上下顎基準平面との角度を意味しています。審美的改善、機能的安定を獲得するには個人個人に最適な歯軸の設定が必要です。また、歯軸の設定は矯正治療時の抜歯判定の基準として用いられます。

Smile line

唇、歯肉、前歯により影響を受けるのがSmile lineです。歯の排列位置によって調和のとれた笑顔が獲得されます。

矯正治療の流れ

初診相談

この時に患者さんの主訴、視診による現症の把握を行い、
矯正治療の概略をご説明いたします。

検査

顔貌、口腔内、模型、機能、レントゲンなどの診査を行います。
必要におおじてCT、MRIの撮影も行います。

診断

検査結果から個人個人に最適な治療方針をご説明いたします。

動的治療

矯正装置による歯の移動を行います。

静的治療

歯の移動後の安定を図ります。この時は保定装置という取り外し可能な装置を使用
します。

メンテナンス

矯正治療終了後の口腔内経時的変化の管理を行います。

ページトップ